DSC_6187.jpg

大久保城跡

(おおくぼじょうあと)

室町時代の足利将軍のころ小曽根大学頭が大芦郷大久保に城を築く、城跡は長昌寺北西、金毘羅山(標高504m)の山城である。

 

頂には平坦地と土塁状の地形が残されている。

 

平坦地の中央に堀、北側に竪堀の跡が確認できる。

西大芦地区ふるさとづくり協議会

お食事処

地元の食材を活かしたおいしい料理がたくさんあります。

観光案内

古峰神社をはじめとする神社仏閣や、大滝などの自然が豊かです。