©大芦川流域活用事業運営委員会

©西大芦地区ふるさとつくり協議会

駐車スペース100台分あります(有料)
2019年7月13日(土)~9月1日(日)

ご利用可能時間 8:00~16:00

  • グレーTwitterのアイコン

​川遊びガイドの

PDFダウンロード

お食事処

地元の食材を活かしたおいしい料理がたくさんあります。

観光案内

古峰神社をはじめとする神社仏閣や、大滝などの自然が豊かです。

様々な史跡、神社仏閣や、大芦川などの大自然を楽しむことが出来ます。

A

大久保城跡(おおくぼじょう)

室町時代の足利将軍のころ小曽根大学頭が大芦郷大久保に城を築く、城跡は長昌寺北西、金毘羅山(標高504m)の山城である。頂には平坦地と土塁状の地形が残されている。平坦地の中央に堀、北側に竪堀の跡が確認できる。

B

南嶺山長昌寺(なんれいざんちょうしょうじ)

1458年(長禄2年室町時代後期)創建の曹洞宗の寺院で襲田五良右エ門長昌が開基したことから長昌寺と称する。山腹に建てられた寺が数度の火災で焼失したため山麓に再建された。現在三十二世住職が護持している。

C

八坂神社(やさかじんじゃ)

寛政10年(1798年江戸時代後期)庚申年(かのえさるどし)奉造と社内に記事がある。神輿と彫刻屋台があり屋台囃子は現在も伝承されている。

D

姫宮神社(ひめみやじんじゃ)

天正3年(1575年)創建の草久鹿ノ入の鎮守で祭神は稲田姫命(いなだひめのみこと)。夫婦和合、縁結び、衣食住の守護などの神様である。毎年11月の例大祭に獅子舞が行われる。

E

フォレストビレッジ(河川公園)

​平成6年に清流大芦川沿いに整備された公園で、多目的広場や親水広場があり、夏には川遊びやバーベキュー、鮎釣りなどで賑わう。

F

小川山の六本杉(おがわやまのろっぽんすぎ)

樹齢約350年の杉が6本並んでいる。高さ45m、樹周り6mの巨木である。日光杉並木の植え付けに従事した人が苗を持ち帰り、人目につかない地に植えたと伝えられている。

G

一の鳥居(いちのとりい)

昭和49年に完成した古峯神社の一の鳥居で、高さ24.6m、柱間20mの大鳥居。日本で9番目の大きさである。

H

金剛山瑞峯寺(こんごうさんずいほうじ)

瑞峯寺は日光山発展と共に古峰ヶ原の峯修行に多くの修行者が来山し興隆した。奥ノ院三昧石、麓には堂宇、法燈が建立されている。ご本尊は金剛童子で入口にある混合不動尊像は北関東有数の大きさである。毎年5月に行われる火渡り修業には全国各地から修行者(山伏)や参拝者が訪れる。

I

三昧石(さんまいいし)

日光山修験者の霊場で標高1400mの横根高原に巨大な岩石が三枚重なっているところから三枚石(三昧石)という。

J

深山巴の宿(じんせんともえのしゅく)

日光開山の勝道上人が修行した霊場と伝えられている。周りに堀が巡らされてたその形が巴紋に似ていることから巴の宿という。

K

古峯神社(ふるみねじんじゃ)

古峰ヶ原は、日光を開山した勝道上人がここで修業を積んだとの縁起にもとづき古峯神社を中心に日光山の僧たちが修行に励む霊地となった。ご祭神の使いである天狗は災厄を除災するといい、火防、海上守護、五穀豊穣などの神として広く信仰圏をもっている。近年、天狗の手書き御朱印が人気を集めている。