四季折々で変わる
北関東の清流「大芦川」と

その流れがはぐくむ西大芦の魅力

大芦川には、鹿沼市と日光市の境にある地蔵岳付近の山々を水源とする西沢と、鳴虫山周辺の山々を水源とする東沢、ふたつの源流があります。

西沢には横根山周辺に前日光牧場があり、春にはレンゲやつつじなどの花々が咲き乱れ、秋には紅葉で私たちを楽しませてくれます。
他にも大天狗で有名な「古峰神社」や、荘厳な山伏の火渡りが見ものの「金剛山瑞峰寺」、関東一の大きさを誇る古峰神社の「一の鳥居」があります。

東沢には豊かな自然の残る大芦渓谷があり、中には美しい大滝があります。白井平橋は春の若葉、秋の紅葉で人気のスポットです。


6月には鮎の解禁され、多くの釣り人でにぎわいます。鮎の味は全国一ともいわれています。

​※撮影は2020年10月末です。紅葉はその年の気候などで見頃が変わります。

にしおおあし情報

1/2

「​清流の郷にしおおあし」観光マップが出来ました。

map.png

西大芦地区のお食事処や観光スポットなどをまとめた観光マップが完成しました。川遊びだけではない西大芦の魅力が詰まっています!大芦川へ遊びに来るときにはぜひ、マップの場所も訪れてみてください。

※PDFデータです。4MBありますので、ダウンロードの際はご了承ください。